現職国会議員と話す会に吉田ただとも登壇

 

10月13日(日)、市民連合ふくおか さんが主催する「現職国会議員と話す会」に、吉田ただとも参議院議員をお招きいただきました。

対話集会では、立憲野党と市民連合との13項目の政策合意内容に対する社民党の考えをご説明し、その説明を踏まえて質疑応答をさせていただきました。

社民党としては、13項目の政策合意内容はすべて受諾した上で、部分的にはさらに豊富化する必要があるのではないかと強調いたしました。

続く質疑では、①消費税に対する考え方、②日韓・日朝との関係改善について、③投票率の向上や政治関心を高める方法、④野党共闘における社民党のスタンスなどについてご質問をいただきました。

ご質問の中で、社民党が野党共闘に対してもっとイニシアチブをとってほしいというご意見をいただき、市民のみなさんの熱い期待に応えられるようさらに尽力したいとお約束させていただきました。

元祖護憲、元祖脱原発の政党である社民党が、立憲野党の各党との関係強化のために果たせる役割は大きいと思いますので、来る衆議院選に向けて引き続きがんばります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれないコメントは受け付けておりません

Top