相次ぐ集中豪雨・台風災害救援・復興支援募金ご協力のお願い

 

9月9日から台風15号による暴風雨で千葉県内では大きな被害がもたらされました。
建物の倒壊や損壊、長引く停電など、市民生活のみならず農作物や観光などにも深刻な影響を与え続けています。
今回の災害については千葉県の初動対応の遅れが問題視されるとともに、停電からの復旧時期が二転三転し、「想定外」の事態により遅れているとの東電発表など、過去の教訓が生かされておらず、「人災」との指摘もあります。
災害と向きあう自治体などの姿勢こそが問われています。被害が生じるたびに「想定外」が繰り返されてはいけません。
被災地の一日も早い復旧・復興のため、ご協力をお願いします。

 

 

7月から8月にかけ九州地方を中心に激しい集中豪雨が襲いました。
8月28日には佐賀県大町町で、大雨の際に鉄工所から油が流出し民家や農地などに被害をもたらしました。
個人宅の油除去や被災ゴミの撤去には、全国から多くのボランティアが駆けつけ被災住民を支えています。
「コンバインなどの農機具も使えない」「リフォームしたばかりの家の保障は誰がしてくれるのか」など不安を抱えた生活が続きます。
被災者に寄り添った支援こそ必要です。
生活や生業の再建へ、自助努力ではなく支え合う仕組みが必要です。
社民党は「支えあう社会」をめざします。被災者の一日も早い生活再建へ、皆さまのご協力をお願いします。

 

救援募金振替口座

  • 口座記号番号:00180-4-602982
  • 口座加入者名:社民党・災害救援カンパ

*手数料は払込人負担となります。通信欄に「2019年集中豪雨・台風災害カンパ」とお書きください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれないコメントは受け付けておりません

Top