日韓友好の回復のために 講演会 10月27日

10月27日(日)、講師に山本晴太弁護士を招聘し、「日韓友好回復のために-徴用工問題とは何か-」と題した講演会を開催いたします。

 

プロフィール

やまもと せいた

1953年兵庫県生まれ

「関釜裁判(かんぷさいばん:韓国釜山市などの元日本軍慰安婦3人、元女子勤労挺身隊ら合計10人が、日本国の公式謝罪と賠償を求めて1992年に日本で起こした訴訟)」の弁護を担当し、国家賠償責任について一部原告側勝訴の「下関判決」を導いた。

「光州千人訴訟」など数々の戦後補償裁判を担当し第1人者。

共著「徴用工裁判と日韓請求権協定」

 

講演会の詳細は以下のとおりです。

 

日時 2019年10月27日(日)15時45分~17時30分
会場 福岡県中小企業振興センター 303室
博多区吉塚本町9-15 JR吉塚駅南口)
講師 山本 晴太 弁護士
参加費 無料
主催 社民党首長自治体議員団福岡県議会

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれないコメントは受け付けておりません

Top