「桜を見る会」問題の真相解明を目指します

連日メディアでも報道されている「桜を見る会」に関して、11月11日に発足した野党合同の「桜を見る会」追及チームを、11月25日に「本部」に格上げし、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に関わるさまざまな問題を多方面から徹底追及しています。

「桜を見る会」の問題は、その招待者数や予算の急増、招待基準の不透明性の問題に端を発し、現在、公的行事・税金の私物化、公職選挙法違反、政治資金規正法違反、名簿データ削除問題、虚偽答弁、反社会的組織やマルチ商法企業との関係など、疑惑の広がりはとどまるところを知りません。

社民党から福島みずほ参議院議員と照屋寛徳衆議院議員が、追及本部の「法務」班に参加しています。
総理主催の「桜を見る会」にまつわるさまざまな疑惑に対して、野党は一致団結し、総力上げ真相究明を目指します。

 

sakura_honbu.pdf

立憲野党の首相主催「桜を見る会」追及本部作成

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれないコメントは受け付けておりません

Top